AGA治療薬デュタス(Dutas)

デュタス(Dutas)はインドのDr.Reddys laboractories社が発売されたAGA治療薬です。有名なアボルブのジェネリック医薬品医薬品なので、効き目、品質、安全性については保障されています。男性型脱毛症(AGA)治療以外、男性ホルモンの働きを抑えて、肥大した前立腺を小さくし、尿の排泄を促したり、頻尿、残尿感などの症状を改善する効果もあります。

デュタスの成分デュタス
薄毛の原因となる毛髪の成長を妨げるDHT(ジヒドロテストステロン)とは非常に強い男性ホルモンであり、これが頭皮内にあるアンドロゲンレセプターと結合することで増殖抑制因子TGF-βが発生します。このTGF-βが毛乳頭に脱毛命令を出す事で髪の毛が細くなり、抜けてしまいます。
デュタスの主成分であるフィナステリドはDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出してしまう5a還元酵素の働きを阻害することができ、この酵素にはⅠ型とⅡ型がありフィナステリドはⅠ型のみに作用しますが、デュタステリドはⅠ型、Ⅱ型両方に作用することができます。 DHTが作り出されることを抑えることができるためAGA改善に高い効果が期待できます。

デュタスの使用方法
前立腺肥大症
通常、成人にはデュタステリドとして1回0.5mg(1カプセル)を1日1回経口投与する。
男性における男性型脱毛症
男性成人には、通常、デュタステリドとして0.1mg(0.2カプセル)を1日1回経口投与する。なお、必要に応じて0.5mg(1カプセル)を1日1回経口投与する。
服用忘れた場合は、思い出したときすぐに使用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は使用しないでください。
効果を十分発揮するためには一定期間以上の服用が必要です。症状がよくなっても、自分の判断で服用を中止しないでください。

デュタスの副作用
デュタスはデュタステリド配合の育毛剤であるために、デュタステリドがもたらす副作用がそのままデュタスの副作用となります。
主に多毛症・勃起不全・蕁麻疹などの報告を受けています。特にホルモンのバランスに影響する効果があるため、性欲に関する副作用が大きいです。それは先発薬であるプロペシアでも報告が挙がっている副作用です。
また妊娠中の女性が触れた場合、男子胎児に外性器発達障害が発生する恐れがあると言われています。
特に心配する必要はありません。デュタスの副作用はかなり個人差があるようで、臨床試験では5%以下と発症頻度はかなり低いです。

AGAになったあなたはこれも必要です!

AGA治療薬を服用しているあなた、勃起力は低下になっていますか?もしEDの状態があったら、バイアグラ使って解決できます!バイアグラ体験談によって、服用して、勃起力を回復できます!