最強の育毛剤デュタスについて

ュタスなんですか?

デュタスはAGAの改善効果が高いといわれる医薬品です。『GlaxoSmithKline社』が開発した育毛剤です。デュタスはAGA(男性型脱毛症)の治療薬としてFDA(アメリカ食品医薬品局)に正式に認められて、一躍注目を集めた育毛剤です。

ュタスの主成分と特徴。

主成分のデュタステリドには、AGAの原因となる男性ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す、5αリダクターゼという酵素の働きを抑制する働きがあります。その効能により、薄毛・抜け毛の予防や改善効果が期待できる成分です。5αリダクターゼには1型、2型の2種類があり、その両方に働くため、より高い効果が見込めるとされています。

 デュタスの使用方法。

デュタスは、男性ホルモンに働きかけて、ヘアサイクル正常化を目指す薬です。毎日規則正しく飲むことで、血中濃度を一定に保り、自然な作用リズムをつくります。飲み忘れがない時間であれば、何時に飲んでも問題ありませんが、おすすめは寝る直前・もしくは夕食後。必ず1日1錠を守って服用してください。そして、プロペシアと併用してはいけません。その他飲んでいる薬があれば、医師や薬剤師に相談しましょう。

 デュタスの副作用

一つ性的不全。性欲減退・勃起不全・精液の減少などといった、性的不全症状が挙げられています。デュタスがAGAに効果を示すのは、AGAの原因である脱毛ホルモンDHTを生成する、5αリダクターゼという酵素を阻害するためです。

二つ女性化。ホルモンの影響と言うことで、男性の胸が女性のように膨らんでしまうと言った、男性の身体の一部が女性化する副作用も挙げられています。この副作用の症状には、胸が膨らむことの他にも女性のような脂肪の付き方をする、乳首に痛みが出るといったものがあります。

三つ肝機能障害。薬の分解は肝臓に負荷をかけると言われていて、デュタスのように毎日服用するような場合、知らず知らずのうちに肝臓に負荷をかけ続けることになってしまい、そのため気付いた時にはかなり肝臓の機能を損ねてしまっている可能性もあるとされているのです。

四つ癌。αリダクターゼ阻害薬で指摘される副作用には、男性の乳がんや前立腺がんの発症リスクがあります。デュタスの有効成分デュタステリドは、もともと前立腺肥大症の治療に使用される成分です。

特に心配する必要はありません。デュタスの副作用はかなり個人差があるようで、臨床試験では5%以下と発症頻度はかなり低いです。