髪の毛に有効の栄養成分

現在の社会では、より多く多くの人が薄毛、抜け毛に悩んでいます。いろいろな工夫してから何とか効果が現れません。実際には日常生活から細心注意を払ったら、薄毛、抜け毛の改善にも有効です。以下は髪の毛に有効な栄養成分をご紹介します、ご覧になってください。

1.ビタミンB群  髪の傷みを予防する

ビタミンB群は、髪の成分であるイオウと下結合して、健康な髪を維持するのに大きな役割を果たします。B2は毛根の細胞を活発にし、B6には髪の育成を促進する作用があります。B群は髪の新陳代謝を促進するので、髪につやがなくなったり、抜けやすくなるといった髪のトラブルに有効です。

2.亜鉛  脱毛を予防する効果がある

亜鉛は、新しい細胞を作るための酵素に含まれ、細胞や組織の新陳代謝を活発にする働きがあります。不足すると髪が抜けたり、禿になりやすくなります。また、ビタミンCとともにコラーゲンの合成に関わり、薄毛など髪の老化を防ぐを発揮します。

3.パントテン酸  白髪や円形脱毛症を予防する

パントテン酸は、白髪や円形脱毛症の誘因とされるストレスへの抵抗力を強めるビタミンです。ストレスが生じると、副腎皮質ホルモンの産出を促し、ストレスに対抗する体内環境を整えます。また体内でパントテン酸に変わる誘導体パンテノールを塗布すると、毛髪の健康が保たれることがわかっていきます。

4.ビオチン 白髪、はげの予防に有効

ビオチンはビタミンB群の仲間で、糖質や脂質、タンパク質の代謝を助け、細胞の増殖を促進させる働きがあります。欠乏すると、脱毛や白髪化の症状が表れることがわかっています。

5.パラアミノ安息香酸  髪を健康に保ち、白髪を防ぐ

パラアミノ安息香酸はビタミンB複合体を与えたラットの実験によって、その効果が発見されたことから、抗白毛症因子とも呼ばれています。腸内の有用菌の繁殖を促すとともに、パントテン酸の吸収を助けるはたらきがあります。そのため、パラアミノ安息香酸あるいは葉酸をいっしょにとると、白くなりかけた髪の色をもとに戻す効果があるといわれています。毛髪に対する効果は、ビタミンB群が共通してもつ作用であり、同じB群のイのシトールにも抜け毛を防ぐ効果があります。