AGAになるとどんな症状が起こるの?

男性型脱毛症とはAGA(Androgenetic Alopecia)とも呼ばれていて男性型脱毛症の事を指します。
生活習慣や食生活、ストレス等々様々な要因はあると考えられますが、AGAのもっとも大きな原因の一つが男性ホルモンによる影響で、髪の毛の成長が遅くなり、育ちきる前に抜けていってしまうのが最も大きい理由です。
そんなAGAのおもな特徴は、以下の3つです。
おでこの生え際と頭頂部の髪のいずれか、または両方が薄くなる
薄くなった部分の髪の毛は、柔らかくて細く、短い状態
20代後半から30代にかけて髪が薄くなりはじめ、40代以降におでこの生え際が後退し、頭頂部の髪がなくなる
AGA(男性型脱毛症)の主な症状は、「額の生え際が後退してきた」「頭頂部の髪の毛が薄くなってきた」などの症状に代表される「薄毛」です。
薄毛になる前に現れる「初期症状」があれば、髪の毛が薄くなる前に対策を取ることが出来ますが、AGAにそのような初期症状はあるのでしょうか。また、AGAを発症した場合に、かゆみや髪質の変化など、薄毛以外の症状は現れるのでしょうか。さらに、AGAは女性でも発症する場合があるのですが、男女で症状に違いはあるのでしょうか。
ここでは、AGAで起こり得るさまざまな「症状」に焦点を当てて、詳しく解説をしていきます。AGAの症状について正しい知識を身に付けたら、それを踏まえて一緒に対策法を考えていきましょう。